HPVワクチン(子宮頸癌ワクチン)

 

slide_02.jpg slide_01.jpg slide_03.jpg
 

 

HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチン

  • Q:ヒトパピローマウイルス(HPV)って何?

  • A:女性の子宮頚癌だけでなく、男性でも「のど」や「肛門」の癌の原因となるウイルスです。 男性と性交経験がある女性は50歳までに80%の人が感染します。

  •  
  •  

  •  

  • Q:どれくらいの人が「子宮頸癌」になるの?

  • A:日本では毎年1〜2万人の女性がかかり、そのうち毎年2800人が亡くなっています。 また、命が助かった人でも、毎年1200人の女性が子宮を失っています。 

  •  
  •  
  •  

  • Q:若い人でも癌になるの?

  • A:20代、30代の子宮頸癌発症率は、1990年と比べると2倍以上に増えています。 25歳から40歳の出産年齢のピークと、子宮頸癌発症のピークが重なってきています。

  •  
  •  

  • Q:予防することは出来るの?

  • A:予防する方法は2つ、1つ目は予防接種、2つ目は子宮癌検診を20歳を過ぎたら必ず受けること 

 

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • Q:予防接種は世界中で使われているの?

  • A:先進国だけでなく、世界中で接種されています。 欧米諸国では、予防接種の接種率が90%近い国も増えてきており、EU諸国では、子宮頸癌で亡くなる人数は半分以下に減っていて、オーストラリアはこの数年で子宮頸癌は「まれな癌」になると予想されています。

  •  
  •  

  • Q:3種類の予防接種に違いはあるの?

  • A:2021年現在、定期接種として接種できる2種類(2価のサーバリックス、4価のガーダシル)は効果に差はほとんどありません。 子宮頸癌の原因となるヒトパピローマウイルスの約6割の型をカバーしています。 一方で、世界で現在広く使われている9価(同じ物がガーダシル9,又はシルガード9として発売されています)は子宮頸癌の原因となるヒトパピローマウイルスの約9割をカバーしています。 

 

  •  
  •  
  •  
  • Q:9価のワクチンは日本でも接種できるの?

  • A:以前から当院ではガーダシル9を輸入して多くの方に接種してきています。 2021年2月24日に同じ物がシルガード9として日本で発売になります。

  •  
  •  

  •  

  • Q:シルガード9とガーダシル9って何が違うの?

  • A:同じ製薬会社のMSDが製造販売している、中身は全く同じ物です。

  •  

 

  • 接種回数は、欧米では14歳以下は2回接種としている国も多く、当院では2回接種としています。*シルガード9を接種する場合は、国内で承認された接種回数となるため、3回接種が必要です。  また、現在、シルガード9を接種する場合は、来院時に電子登録、接種後も電子日誌への記載が義務づけられているため、初回は1時間ほど時間がかかります。

 

  •  
  •  
  •  
  •  
  • Q:男性も接種が必要なの?

  • A:男性ののどや肛門の癌の予防になります(有名人もこののどの癌になった人が何人もいます)また、自分の将来、今のパートナーを守るためにはとても大事なワクチンです。 欧米では男性が定期接種となっている国も増えています。(男性が接種できるのは、国内で男性に承認されたガーダシル4価と、輸入ワクチンのガーダシル9の2種類です。)

  • (私の息子、娘もガーダシル9を接種しています)

 

  •  
  •  
  •  
  •  
  • Q:9価のワクチンは定期接種で無料で接種出来ないの?

  • A:現在、定期接種として接種できるのは2価のサーバリックスと4価のガーダシルだけです。 9価を接種する場合は、シルガード9か、ガーダシル9を自費で接種する必要があります。

 
 
 

  •  私がこのワクチンの説明をした動画があります。

  • 同じ内容ですが、是非、一度見てみてください。

 

 
LinkIcon輸入ワクチン予診票PDF.pdf